エアコンのフィン掃除や梱包の方法

次に取り付けする事を考え、丁寧に梱包や掃除をする

アルカリ性洗剤がポイント!
このページではエアコン(クーラー)の掃除や梱包の方法について紹介しています。。エアコン・クーラーの掃除や梱包の方法に関して、間違えた掃除や梱包の方法をすると後で大変な事に・・・。どうすれば上手く掃除や梱包が出来るのかをまとめてみましたので参考にしてください。

掃除はアルカリ性!

使用する物はなんといってもアルミフィンクリーナーです。
エアコン洗浄業者が使用するフィン用のアルカリ性アルミフィンクリーナースプレーです。
ホームセンターなどで売っているスプレーとは違い、数段にフィンの汚れを落とす事ができます。
これさえあれば業者さんを呼ぶこともいらないですし、自分で洗浄する事ができ、経済的にもやさしいし嬉しいです!
結構タバコのヤニって汚れもしつこいし臭いも残りますよね。
そしてカビも気になりますしね。カビが付いていたらその空気を吸っている訳ですから・・・。
使い方は室内機カバーを取り外し、銀色のフィン全体に吹き付けます。
その後十分に水洗いをします。この時ゆっくりとやかんなどで水を流してください。
あまり多く水を流し続けると、水があふれてくる事がありますので。気を付けてください。
☆重要☆室内機右側にある電装ボックスには水などをかけないように十分気を付けてください!
排水は外のドレンホースから出てきますので気になるならばその辺りも水で洗い流すといいでしょう。
室内機周りの汚れの防止には養生シートを利用するとカーテンや壁、じゅうたんやソファーなどが汚れなくていいですよ。
結構洗浄業者さんも使ってますし、材質がビニールで取り扱いも楽ですしね。
室内機のカバーは油落としの洗剤などで洗うと結構綺麗になりますよ。
室外機は裏側のフィン(銀色)を掃除すると良いでしょう。
あまりにもごみが付いていると、熱交換にも負荷がかかり電気代もかかるようになりますからね。

梱包はこうする!

使用する材料としてはエアキャップ(プチプチ)を使います。
このプチプチはもう有名ですよね。
室内機のカバーやパネルは割れやすく、接続部分が割れると大変なことに。
このプチプチなら多少当たっても大丈夫です。
長期保存でも役に立ちますし、何回か使用できますしね。
室外機の裏側にあるフィン(銀色)は触ると指や手を切ることがあるので気を付けてください。

~インフォメーション~

☆激安エアコンを探す!
☆エアコンをクリーニング!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP