エアコンのポンプダウン方法(ガス回収など)

ポンプダウンやガス回収は確実に!

エアコンのガス回収のポイント!
このページではエアコン(クーラー)取り外しガス回収・ポンプダウンの方法について紹介しています。。エアコンの据付に関する技術でガス回収・ポンプダウンは欠かせません。どうすれば上手くガス回収・ポンプダウンが出来るのかをまとめてみましたので参考にしてください。

応急運転(試運転)ボタンを確認!

まず室内機側の前面パネルを開け応急運転(試運転)ボタンがあるかを確認します。
無ければ室外機配線接続部カバーを開け応急運転(試運転)ボタンがあるかを確認します。
どちらも無ければ室内機前面パネルを開け、サーモ(温度センサー)を指で摘むかドライヤーで暖めます。
サーモは黒くマッチ棒の先の様な形をしています。
応急運転(試運転)とサーモを指で摘む場合も冷房運転でポンプダウンをしてください。
暖房運転ではポンプダウンは出来ませんので注意してください。

ポンプダウンは冷房運転で!

応急運転(試運転)やサーモを指で摘む場合も冷房運転でポンプダウンを行います。
まずはマニホールドゲージを用意します。マニホールドゲージがある方が目で確認出来て便利ですよ。

サービスポート

室外機側配管接続部の左下(赤丸)のサービスポートがあるので、ナットを緩めて取り外します。
次にマニホールドゲージの低圧側(Lo)とサービスポートを付属のチャージホースで接続します。
この時配管内にガスが充満していますので素早くチャージホースを接続します。(少しガスが出ますが大丈夫ですので。)
チャージホースにはゴムパッキンが付いているので、無茶苦茶締めなくても大丈夫ですよ。(ガス漏れだけは確認してください。)
接続が完了したら、手前2つのバルブ(弁)の六角ナットを開け、2分の液管(細い方)のバルブに大体は4㎜なので4㎜の六角レンチでバルブを全閉にします。
2分の液管(細い方)のバルブを閉めたら、3分のガス管(太い方)のバルブに六角レンチを差し込んでおきましょう。
用意が出来たら冷房運転を開始します。
マニホールドゲージの低圧側(Lo)のバルブを開けて圧力を良く見ておきます。(高圧側(Hi)は全閉)
3分のガス管(太い方)のバルブを閉めるまで冷房運転を続けますので、マニホールドゲージの圧力が約0MPa(0kgf/cm2)になったら3分のガス管(太い方)のバルブを全閉にします。
3分のガス管(太い方)を全閉したら運転を停止しマニホールドゲージを取り外します。
後は各六角ナットを元通りに締め付けます。

マニホールドゲージがない場合は約2~3分程冷房運転を行います。コンプレッサーの動作が正常であればすぐにガスが戻りますので。
出来る限り強制冷房運転でポンプダウンをしてください、圧縮機の故障の原因となりますので。

~インフォメーション~

☆激安エアコンを探す!
☆エアコンをクリーニング!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP